大学にはいってみて

生徒にとっては夏休み。
先生にとっては夏期講習。
この時期になるとセナミを卒業し、大学生になった生徒が遊びにきてくれます。

先日もある生徒が来てくれました。
大学に入学して感じたことがあるそうです。
「高校生まではいろいろ教えてくれる先生や友達が身近にいたけど、大学に入ったら教えてくれる人が近くにいない。
 だから自分で調べて、合ってるかわからないけどやらなくちゃいけない。友達はできたんですけど…なんか大変です。」

たしかに私も大学入学直後はそんなこと思ったな~と思い出しました。
でも、ここから先は自分で道を切り開く術を身につけていかないといけない。大学はそのための準備期間なんじゃないかなと伝えました。

こちらの生徒は定期的に遊びにきてくれるのですが、
いつも美味しい差し入れを持ってきてくれます。
こういった気遣いが大学生のうちからできるなんて素晴らしいですね。

卒業後も生徒の成長がみられるなんて、本当に楽しい仕事をさせていただいています。
また遊びにきて、色々報告してくれるのを楽しみにしていますね。

 

 

筑西・下妻で小学生・中学受検の塾をお探しならセナミ学院へ