皆さんはテストや模擬試験などを受けただけで満足していませんか?

実は、テストでいちばん大事な時間は、受け終えたあとの復習の時間です。
テストを受けている時間ではありません。

テストを最大限に活用するポイントは2つあります。

①反省

なぜ解けなかったのか、なぜ点数が取れなかったのかを分析・修正します。
例えば、問題の間違え方にもいろいろなものがあります。
・ケアレスミス
→注意深く解く
・解法を忘れていた
→解法を確認し、類題などで演習
・そもそも解法を知らなかったり、解くのに必要な知識がなかった
→知識があいまいなので、重要語句や例題を再確認

下に行けば行くほど、復習にかかる時間は増えていきますよね。

②納得

先ほどの①とは逆に、なぜうまく行ったのかを分析・確認します。
・テスト対策を万全に行うことができた
・落ち着いて受験できた
・体調管理をしっかりできた

これに関しては、また同じことを繰り返せるよう、引き続き継続していきます。

いい結果を出すためには、一度学習したことを再び実行する「再現力」が重要になります。
反省と納得を行うことにより、この再現力を高めることができます。

スポーツや部活動、さらにはゲームなどでも同じですよね。
良い結果が出なかったときに振り返り・改善をしない人は、何度やってもいい結果は生まれません。
そして再現力が高い人は、何度もいい結果を生み出すことができるのです。

(余談ですが、私はこの反省と納得の大切さを、小学校時代の野球のコーチから学びました)
この再現力はさまざまな分野で必要になってきます。
ただ行動するだけでなく、再現力を意識して行動していきましょう。