今年も暑い夏がやってきますね。

夏といえば待ちに待った夏休み。
海に山に楽しいイベントが目白押しですが、同時に大量の課題に追われることも事実です。

始めはやる気満々な人も、連日ノンストップで上昇する気温に思わず課題を投げ出したくなるでしょう。
原因の一つはもちろん、夏バテです。
そこで今回は夏バテ対策を簡単に紹介したいと思います。
そもそも夏バテとは、夏の暑さによる全身の倦怠感、食欲不振、消化不良、頭痛などの慢性的な症状を引き起こしてしまうことをいいます。

体の水分が不足したり、
暴飲暴食をしたり、
外と室内の気温差が大きすぎたり、
睡眠時間が不足していたり……

クーラーの効いた部屋でグダグダするのも夏バテを引き起こす原因となります。

自然に治るものですが、秋ごろになるまで引きずってしまうと長期間苦しむことになってしまいます。

 

対策その1 食事
どんなに食欲が無くても、しっかり食べるようにしましょう。
朝昼晩とバランス良く。おなかを壊さないように、冷たいものよりも温かい食べものを中心にとりましょう。

それでも食欲がなくて食べられない…という方は温かいスープなどでも最悪構いません。

 

対策その2 運動
冷えた部屋で勉強ばかりしていると血行が悪くなり、疲れやすい体質になりやすくなります。
だからと言って何時間もガムシャラに外で運動する必要もありません。
朝や夕方などの比較的涼しい時を選び、ウォーキングやジョギングをして適度な汗をかきましょう。

 
対策その3 お風呂
夏の時期はシャワーだけで済ませている人が多いと思いますが、それも夏バテになりやすくなる原因です。

 

しっかり湯船につかり、疲れた身体を癒しましょう。
お風呂は全身をリラックスさせる最適な場所であり、睡眠も深くなります。

暑い夏を気合と根性だけで乗り切るのはほぼ不可能です。
三年生になって折角やる気が上がっても、体が言うことを聞かなければ効率も悪いです。

今のうちに自分の体調を万全に整えて、ベストコンディションで机に向かいましょう。