今年度からセナミ学院では新テキスト・新カリキュラムを導入しています。

中学部の大きな変更点の1つは、ほぼ毎週宿題を出すようにしたことです。

ここを読んでいる生徒さんも、読んでいない生徒さんも、

「宿題、めんどくせーな」

と思っているでしょう。

でも宿題、必要なんです。

勉強は、概念理解(わかるようになる)と演習(できるようになる)の両輪です。
点数が取れない原因は、
「わからない」(概念が理解できていない)
「わかるけどできない」(演習不足)
のどちらかです。

週2回の授業では、概念理解をしてもらうので精いっぱいで、演習まで行うには時間が足りません。
そこで登場したのが、宿題のシステムなのです。

生徒のみなさんが宿題をやる意味は、「学力を上げること」。
そのことをしっかり理解して、宿題に取り組んでください。

当日に急いでやって丸付けをする
のではなく、
余裕をもったスケジュールで、間違った問題の解答をじっくり読む

ほうがいいですよね。